« <クマムシ>7万5000気圧でも生存 | トップページ | 長さ18キロ以上の活断層確認=能登半島震源域で-産総研 »

2007年7月28日 (土)

<次世代エネルギー>東工大がマグネシウム利用実験

 石油など化石燃料に替わる次世代エネルギーとして、マグネシウムの利用推進を図る実験を東京工業大の矢部孝教授が千歳市で始めた。マグネシウム燃料は、燃焼に二酸化炭素を伴わないクリーンなエネルギーとされる。来年の北海道洞爺湖サミットで環境問題がメーンテーマに挙げられることもあり、矢部教授は「マグネシウムが地球を救う」と意気込んでいる。
 マグネシウムは海水に1800兆トンが含有される地球上で8番目に多い物質。次世代エネルギーとして注目され、燃料電池で動くエコカーなども開発されたが、燃焼後にできる酸化マグネシウムをリサイクルする方法が確立されておらず、実用化は進んでいない。
 矢部教授が千歳市で始めた試みは、酸化マグネシウムをマグネシウムに還元する装置「太陽光励起レーザー」の実験。屋外に設置した3機の装置の表面パネル(縦横2メートル)が太陽を自動追尾し、太陽光を集め、レーザーに変換する。還元には、2万度に相当する熱量が必要で、変換効率のデータをまず採取する。レーザー化した太陽光を酸化マグネシウムに照射するのは次の段階となる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070726-00000045-mai-soci

フェリシモの通販商品 

« <クマムシ>7万5000気圧でも生存 | トップページ | 長さ18キロ以上の活断層確認=能登半島震源域で-産総研 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <次世代エネルギー>東工大がマグネシウム利用実験:

« <クマムシ>7万5000気圧でも生存 | トップページ | 長さ18キロ以上の活断層確認=能登半島震源域で-産総研 »

人気通販商品

  • スポンサードリンク




    ■太陽光発電
    太陽光発電(Photovoltaic power generation)は、太陽電池を利用し、太陽光のエネルギーを直接的に電力に変換する発電方式である。









    楽天で探す
    楽天市場






無料ブログはココログ

おすすめの情報誌